Login
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サントリー烏龍茶のおまけ
2006.05.07 Sun
20060507225147
これが結構良く出来てて!
…もちろん、本物の万漢全席を知らない者の意見ですけど…(笑)
ポットの蓋がちゃんと開いて、中にお茶(を模したもの)が入ってたのを見た時にはかなり驚きました。

やっぱり烏龍茶セットが特に気に入り。
中国茶器のまめまめしさが、さらによく出てて(笑)
立眩みに負けた…
2006.05.06 Sat
PASTE2.jpg
絵を描く時ってよく、立っては座り、また立っては…という動作を繰り返すのですが、今日の場合はそれをやる度に眩暈で視界が黒く蝕まれていったので、途中からは(保身のため)キャンバスを壁に立て掛け、作業は全て地べた、そして「立って離れる」動作を「“はいはい”」で補うことに。
這い蹲ってキャンバスの正面をうろうろする私は相当見苦しかったと思います…。完全なる不審者。とりあえず目撃者が居なくて良かった。
ふんふふん
2006.05.06 Sat
ひぃんけつがひどいです…
もうどうしてくれようか。

大学入って初めてのお仕事を遂行中。
了解した時と依頼内容が違うのはどうしてかなお義兄さん(仮)…!
(しかも「余力があれば」な仕事が多すぎる…どうすれば)
それでさっき、第一稿的なものをメールで送ったばかりなので、今は戦々恐々としております。一体どんな反応が返ってくるのか。

…それに関連して、今日か明日辺りにはギャルだらけの…というかむしろそれしかいないでろうショップにも潜り込んできます。絶対浮くこと請け負いです。浮かないわけがない。有り得ない。
…多分年は変わらない筈なのになー……ふう。
今日は4時間半
2006.05.01 Mon
キツネ描くの楽しい。幸せ。
次に読む本が無い(ストックが切れた)
2006.04.30 Sun
≪ぶらんこ乗り≫ いしい しんじ (著)
この作者の本を読んだのは多分これが初めて…かな?
この本も例に漏れず、終始電車の中で読んでいたのですが…ラストで思わず泣きそうになり困りました。
数行読んでは上を向いて涙腺を引き締め、また視線を落とす…というのを幾度も続け、読破。
いいですね、好きです。
自分が“姉”であるということも、この本に惹きこまれた一因だと思います。


≪ポーの一族 (1)~(3)≫ 萩尾 望都 (著)
友人に借りて読みました。
こういうちょっと昔の漫画を手にしたのは初めてだったので色々どきどきしていたのですが…
…なんというか、色々凄い。
絵も話も見せ場の加減が絶妙ですね。…踊らされました(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。